しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

高木の獅子舞 (東大和市 高木神社)

市民大学「東大和市グリーンカレッジ」

東大和市の公民館主催講座が開催されています。
年1回開催で、5つの公民館(中央・狭山・南街・蔵敷・上北台)を巡り
各公民館講座は5回あり、全部の講座を受講するのが前提です
各講座出席8割で、終了証書を市長からもらえます(意外と厳しいでしょう)
でも、無料で自分の見識を高めることが出来、仲間も出来、楽しいですよ
ちなみに、私は聴講生です。受講生ではありません

さて、今年最後の講座は上北台公民館です
郷土芸能シリーズとなります 第1回は・・・
高木の獅子舞」です
 高木の獅子舞 会長説明
   会長の宮鍋氏の説明(写真は受講生S氏提供)
外部での公開は今回が最初で最後だそうです(貴重なこと)
懇切丁寧に歴史、衣装、DVDで説明を受け勉強になりました
狐の先導で獅子が3匹(雄2、雌1)入場し、仲良く踊ったり
雄獅子のけんか、狐の道化と五穀豊穣・子孫繁栄の踊りです
狐がいて、ストリーがある獅子舞は全国でも珍しいとのことです

 高木の獅子舞 衣装1
手前・・・左右に花笠を被り、ささらを持つ「ささらこ」 (写真は同上)
     中央の狐面は左手に軍配、右手に子孫繁栄を持つ
後方・・・左・・・雄の剣獅子(金色の剣角・白と黒の御幣)
     中央・・雌(宝珠の角・赤と白の御幣)
      右・・雄獅子(金と黒のねじれ角・青と白の御幣)           

小学生の子供たちの様子には、皆さん可愛い~と感嘆!
 高木の獅子舞 衣装2
  雄の剣獅子、ささらこ、雌の宝珠獅子 (写真は同上)
 高木の獅子舞 雌の獅子頭(宝珠)
  雌の獅子頭(神社の宝珠ですね) (写真は同上)
 高木の獅子舞 花笠
四隅に華やかな彩りの牡丹をあしらった花笠(写真は同上)

伝統を引き継ぐ大変さと努力を充分に感じました。
保存会の皆さまに感謝! 感謝! です

驚いたこと
 ・昭和21年の祭り参加の集合写真
   終戦直後のあの時期に祭りが開かれたという事実
 ・狐面の口が開閉すること
   面をかぶり、顎を調整することで口が開閉する
 ・東大和市の郷土カルタが展示される(受講生持参)
   「て」に 
    伝統を  今に受け継ぐ  高木の獅子舞

*今年の「高木の獅子舞」は
   9月12日 (土曜日)
   午後5時30分~  演舞は40分位
   高木神社境内 (東大和市高木2-106)
関連記事

コメント

いよいよブログも本格潜航ですか。サイドパーツも
しっかりしていますネ。先行き楽しみです。みんなの料理でS・Mさん感謝の辞に先ずはホットしてます。

  • 2015/02/10(火) 17:47:06 |
  • URL |
  • 東大和y #-
  • [ 編集 ]

高木の獅子舞

凄い、ロング記事。見てみたかった!9月の獅子舞、予定に入れておきます。Junpei

  • 2015/02/10(火) 00:59:26 |
  • URL |
  • Junpei #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する