しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

東博「きもの kimono」

東博「きもの kimono」
 <それはニッポンの花道(ランウェイ)> 
きもの1
コロナ騒ぎで会期が変更となりました
期間: 6月30日~8月23日
場所: 東京国立博物館 平成館
予約: メールまたは電話予約(入場制限あり)
きもの10
鎌倉時代から現代までを通覧する、
      初めての大規模きもの展

きもの11
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・篤姫が着用した着物があります
800年以上経過の着物が展示されるとは驚きである

きもの展チラシ表
kimono表
きもの展チラシ裏
kimono裏
入場口のコロナ対策
きもの2
とにかく人がいません
きもの3
日本の美意識を色と模様に表した「きもの」
その原型である小袖は、室町時代後期より、染や
刺繍に、金銀の摺箔なので模様を表し、表着として
花開きました。美しく彩られたきものが着用され始めた
江戸時代、町を行き交う人々がファッショニスタでした。
明治、大正時代には、型友禅や銘仙など近代的な技術を
駆使したきものが流行。戦後、きものはモードの一線を離れ、
現代アートを志向するデザインが登場しました。(チラシ説明抜粋)


関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/485-4398b308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)