しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

言葉のちから(光明より抜粋)

言葉のちから(光明より抜粋)
長谷寺


「三歳の童でも知っていることだが、
 それを行うことは、八十の翁でさえ難しい」

   (白楽天に向かって答えた道林の言葉)


 ” 中国の唐と呼ばれていた時代のことである
  詩人の白楽天が、名僧の道林にたずねた。そして
 「仏教のおしえの根本とは?」と質問する。
 答えは即座に返ってきた。
 「悪いことはしない、善いことをする
  平凡な言葉に「そんなことなら三歳の童でも
 知っている」と白楽天はつぶやく。その時である。
 道林のゆったりとした声が響いた。
 「三歳の童でも知っていることだが、それを行う
 ことは、八十の翁でさえ難しい

 感服した白楽天は、 道林にしたがって仏教を学んだという”


真言宗豊山派の発行誌でありますが、皆さん何処かで
聞いたか見たことあるお話ではありませんか?


 腹を立てるより、許す方がよい。
 憎むより、愛する方がよい。
 不平を言うより、感謝する方がよい。
 愚痴を言うより、喜ぶ方がよい。
 りきむより、任せる方がよい。
 威張っているより、謙虚な方がよい。
 嘘をつくより、正直な方がよい。
 喧嘩するより、仲よくする方がよい。


述べられている内容が大切なことはよく理解できるが、
それを実践できるかと問われれば、自信をもって
うなずける人は少ない。わかっていても、なかなか
できないことばかりである。

自分自身への自戒を込めて、光明誌からの内容を
抜粋いたしました (#^.^#)




関連記事

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/477-0bf1346f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)