しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

天覧山登頂 (埼玉県飯能市)

天覧山は埼玉県が名勝第一号に指定した山です

天覧山へ登る。と大層な言い方をしますが、わずか標高195mの頂上目指しての
ハイキングです。飯能市民会館に車を止め、能仁寺脇を抜けて、そこからの歩きだ
が、中々の山道です。新緑が最高!  能仁寺脇の案内板
 登山案内板
 中段に到着し一休み後、頂上を目指す。明治天皇が近衛兵の小演習を
 この中段から見たので、羅漢山から天覧山と名前が変わる。
 中段・案内板
 頂上はチャートの岩盤で「秩父中・古生層」もしくは「秩父層群」と呼ばれる
 頂上・案内板
 古生代石炭紀から中世代ジェラ紀(約3億5千年前~1億5千年前)に
 海底でできた地層が隆起したものだそうです
 天覧山・説明
 天覧山の説明です





  岩だらけの景色です。海底隆起は、さも有りなんです
 地層アップ
 十六羅漢さん1              十六羅漢さん2
羅漢さん1 羅漢さん2
 頂上の景色                中段の景色
山頂からの景色 中段からの景色
 能仁寺の本堂               本堂前のオブジェ
能仁寺・本堂 本堂前・オブジェ

番外編 <ホンダ製ドレスUPは海外部品、1千万円弱の超高級バイクだそうです>
 ホンダ・改造バイク
三回も名称が変わった山です
 最初は、「愛宕山」と呼ばれてましたが、五代将軍徳川綱吉の病気平癒を
 能仁寺住職が行い、生母桂昌院がお礼に一六羅漢を安置され「羅漢山
 となり、明治に明治天皇が近衛兵の春季小演習を統監後、「天覧山」と
 名称変更する
奥武蔵自然公園の玄関口でもある
*ゴルフ土産で喜ばれる「四里餅」の店が近くにある(当然買いました)








関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する