しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

四国八十八か所札所巡り・逆打ち 第84番札所

四国八十八か所札所巡り・逆打ち
香川県の札所 (23か所)
香川県札所

84番札所 「屋島寺」
屋島寺御詠歌

屋島寺「十一面観世音菩薩」
屋島寺千手観世音菩薩

屋島寺略縁起
天平勝宝6年、唐の国より正式に和国に迎えられた鑑真和上が
来朝の際、訪れたのが屋島山上。和上は山上の北峰こそ伽藍
建立の霊地なりとて念誦、開基した。その後、和上の弟子の
恵雲師が登峯し、和上の開創した霊地に堂宇を建立したのが
はじまりであり、恵雲師は第1代住職となる
弘仁6年(815)には、嵯峨天皇の勅願を奉じて来錫した弘法大
師が、それまで北嶺にあった伽藍を現在の南嶺に移すと共に
十一面観世音菩薩を刻んで本尊として安置する(後略)
(四国八十八ヶ所詳細地図帖より抜粋)  福因福果



84番札所 「屋島寺」
香川県高松市屋島東町
写真3

屋島寺山門
写真1

屋島寺  源平合戦で有名な場所
写真4

狸の蓑山大明神
写真2
この山の狸「太三郎」は、佐渡の「三郎狸」、
淡路の「芝衛狸」と共に日本三名狸と言われている


屋島寺御朱印
屋島寺御朱印


屋島寺散華
屋島寺散華
関連記事

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/170-9f388726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)