しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

郷土博物館企画展示 「装いの民具」

郷土博物館・収蔵資料展「装いの民具」
装いの民具チラシ
昔の実際に使用していた民具の展示会と聞き出かける
子供の時に自分が使ったものが展示されていて懐かしく
思い出し、眺めていました
今月の29日迄ですので、子供の時を思い出すのには
今週いっぱいですよ

入口案内(ちょっと寂しいかな)
入口

お茶の間の景色
茶の間
丸いちゃぶ台があればもっと良かったのに。残念

張り板・伸子張り
張り板伸子張り
昔は、あちらこちらの家々で見られた風景でしたが
今は商売人以外見ることありません
着物や浴衣をほどいて洗い、糊付けして張り子や
伸子張りへ干したものです。そして仕立てへ

ぽっくり
ぽっくり
芸者さんや舞子さんだけでなく子供達が履く

つま付き下駄
つま付下駄
雨の降ったとき、雪道での必需品でした。足袋が濡れないように

おんぶひも
おんぶひも
昔は兄弟が多かったので、おんぶひもで体を結わえ付けて
遊んだ方が多いと思います

足踏みミシン
ミシン
「SANTAMA」と云う製造メーカは初めて見ました
おそらく多摩地区のみの販売なのかなと考えました
小学校の宿題、運針&ミシンで雑巾を作ったことを
思い出します。簡単なボタン付けもミシンでした

行李
行李
地方から都会に上京する時は、行李で荷物を運ぶ
その行李は押し入れに入れて箪笥代りでした
大学時代上京する時態々購入したものです

ハッピー
ハッピー
消防団の皆さん。商店の店員さん、お酒屋さん等々
皆さんが今のジャンパー感覚で着て、街を歩いてました

*昔のものは、ほとんど捨ててしまいましたが
 博物館に持ち込めるのかな?

関連記事

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/145-d9e7e583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)