しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

水墨画 「墨遊展」

墨遊展
市民ネットの仲間Fさんが作品提出なので、鑑賞に行く
毎年、同じ時期に開催し、会員の作品も10年間描いて
いる人が多いとのお話でした

洒落た案内状 (ご本人が作成)
  墨絵4

雪の南禅寺三門 (30号)
墨絵1

桂離宮松琴亭 (10号)
墨絵2

奥様の作品 「思い出の花」 (10号)
墨絵3

*墨絵は、濃淡が明確になり、光をいかにうまく取り入れ
 遠近を使いながらしないと作品の出来栄えが違うそう です。
 確かに見る位置や方向により、作品がダイナミックに見えたり、
 沈んで見えたりします
*墨絵を描く人は、題材に「富士山」を取り上げる方が
  多いと他の人が説明していました

関連記事

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

コメント

確かにそうです

手習いのブログさん、コメントありがとうございます
Fさんの墨絵は、素晴らしいですね!私にはとても描けない画です

  • 2016/05/09(月) 21:23:57 |
  • URL |
  • しんかい船47号 #-
  • [ 編集 ]

Fさんの墨絵素晴らしいですね。
ナイス!!v-424v-425
画才のない私は感嘆するばかりです。

  • 2016/05/09(月) 09:00:29 |
  • URL |
  • 手習いのブログ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/135-0af2b589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)