しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

国立西洋美術館「カラヴァッジョ展」

日伊国交樹立150周年記念
ルネサンスを超えた男 「カラヴァッジョ展」
写真
カラヴァッジョ世界の体感
「風俗」・「五感」・「光」・「斬首」などのテーマごとに構成。
カラヴァッジョの傑作に加え、ラ・トゥールなど
彼の画法に影響を受けた継承者たち(カラヴァジェスキ)
の作品をあわせた51点を展示し、カラヴァッジョ芸術の
魅力にせまります。
(美術館案内文より)
ポスター1

ポスター2

世界初公開 「法悦のマグダラのマリア」
ポスター3
長いこと行方不明とされていた作品が、2014年に発見されました
「法悦のマクダラのマリア」は、カラヴァッジョが殺人を犯してローマを
逃亡し、近郊の町で身を隠していた1606年の夏に描かれたものです
4年後の1610年、彼がイタリアのポルト・エルコレで不慮の死を遂げ
た時に持っていた「1枚のマグダラのマリアの絵」が本作であると考え
られています。科学調査を受け、カラヴァッジョ研究の世界的権威で
あるミーナ・グレゴリー氏が本作を真筆と認定し、世界で初めて公開
されることとなりました。(チラシ抜粋)

日本初公開の絵画等
ポスター4
日本初公開の作品が多く、楽しめます
とにかく「光と影」を表現してあり、どの作品にも吸い寄せられる
迫力でした。38歳で没しましたが、長生きした作品を見たかった

場所地図(上野公園内・世界遺産登録運動している建物です)
地図






関連記事

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

ありがとうございます

コメントありがとうございます
私もカラヴァッジョ展を見て大いに感銘しました
その後絵画をみて、光と陰の使い方に直ぐに目が
行くようになりました。ブログ拝見いたしました
日本は当然ですが世界各国へすごいですね
これからも覗かせてください
私は、お正月にエルミタージュ美術館へ行き、朝10時から夕方6時までいました。冬だとゆっくり見られると聞いていましたので・・・・
ロシアの絵画収集力はすごいと感心しました
ブログにはその内載せたいと考えています

  • 2016/05/24(火) 21:39:47 |
  • URL |
  • しんかい船47号 #-
  • [ 編集 ]

カラヴァッジョ展

こんにちは。
私もカラヴァッジョ展を見てきましたので、作品の画像やご説明を読ませていただき、カラヴァッジョの絵画のインパクトの強い光の表現など、カラヴァッジョの絵画の感動が追体験することができました。カラヴァッジョの絵画は多様性があり、人によって作品の好き嫌い別れるかもしれませんが、伝統的な表現を一新させた斬新さ、リアリティーのある絵画表現、どんな場面にも美しさが潜ばせる独特の美意識は心の良い刺激となりました。

今回のカラヴァッジョ展からカラヴァッジョの絵画の魅力と、なぜカラヴァッジョが美術史を塗り替えるほどの影響力を持ったのかを考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

ありがとうございます

中々時間が取れないのとGWは旅行しても
込み合っているので、安・近です

  • 2016/05/06(金) 21:14:06 |
  • URL |
  • しんかい船47号 #-
  • [ 編集 ]

美術館めぐり

芸術のGW、次から次に美術館めぐりとブログ記事取材報告、脱帽です。Junpei

  • 2016/05/06(金) 20:04:42 |
  • URL |
  • Junpei #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/133-186ad95b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)