しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

元サッカー選手「中田英寿」が出会った日本工芸

「REVALUE NIPPON PROJECT展」
場所 パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
元サッカー日本代表である「中田英寿」氏が現役引退後続けている活動のひとつ
この活動は、日本が連綿と受け継いできた伝統的な工芸、文化や技術の価値や
可能性を再発見し、その魅力をより多くの人に知ってもらう「きっかけ」を創出する
ことで、日本文化の継承・発展を促すことを目的としています (チラシ抜粋)
チラシ

パナソニック汐留ミュウジアムの地下鉄からの入口
ミュウジアム入口
ミュウジアムは4階にあり、静かな感じである
展示作品も見せ方に工夫をして、面白い表現方法でした
「陶磁器」・「和紙」・「竹」・「型紙」・「漆」を使用しての表現作品です

ミュウジアムの展覧会スケジュール
ミュウジアム案内
美術館のスケジュール

ミュウジアムの地図
ミュウジアム地図

*>ルオー・ギャラリーの併設
フランスの画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)の名を冠する
世界で唯一の美術館です
ギャラリーでは、収蔵作品を様々なテーマで常設展示しています

*中田英寿が出会った日本工芸の説明は続きで



REVALUE NIPPON PROJECT

中田英寿
陶磁器
和紙
竹
型紙
漆

関連記事

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/130-b4ceda2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)