しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

都内最古の「豊鹿島神社本殿と歴史」

おとなの社会科・第15回公開講座
「豊鹿島神社本殿と歴史」
講師  郷土歴史家  安島喜一氏
月日  4月15日 金曜日
時間  午後2時~午後4時
集合  蔵敷公民館
 * 蔵敷公民館から豊鹿島神社へ移動します
豊鹿島神社
見どころ
・都内最古の木造建築・文正元年(1466年)創建棟札発見
・奥の宮&多摩ローム層が見られます
・都内唯一・室町時代に本殿建立!(都指定有形文化財)
・神社の石井宮司からの解説がございます

*現在の本殿の中に、昔の本殿が納められている貴重な本殿
  (本殿の中に本殿です)
*豊鹿島神社の資料を安島先生が10Pに纏めた貴重な資料配布

*当日、自由参加ですので蔵敷公民館にお出かけ下さい

安島先生のブログ「狭山丘陵の廬で」にも3回シリーズの詳細あります

*今週の金曜日です。お待ちしております


関連記事

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/121-5d3dc6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)