しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

奈良学文化講座「法隆寺 魅惑の仏像と聖徳太子」

奈良学文化講座 第146回
法隆寺 魅惑の仏像と聖徳太子
よみうりホール
知人のKOさんが参加できなくなり、急遽代理出席する
12時過ぎに到着するも、よみうりホールの1階席は既に
満員です。講座が始まりますと立ち見参加が出るほど
人!人!で驚きました。周りの方達のお話を漏れ聞いて
いますと、抽選がやっと当たり参加できたと大喜びの方が
大勢いるとのことです
講座チラシ
NHKアナウンサーの渡辺さんの司会で
神戸大学の古市准教授の略歴紹介から
講演がスタート。歯切れの良い解説で判りやすい
聖徳太子

聖徳太子の系図
系図
系図の基づき説明されて驚きました
聖徳太子の母親が太子と同じ年齢の人と再婚して
子供を産んでいること。又、蘇我氏の家系図を見ると
おばあちゃんと孫のような人と結婚して子を産む。
蘇我氏の天皇家へ対する政略結婚・・・・・

王名の変遷図
天皇系図
*現在聖徳太子は架空の人物ではないかと
 言われていますが、はっきりしているのは
 世間に広く知られている写真は間違いだ
 ろうとのことです
*系図で見る3所帯をまたいでの結婚し子供を産む
  感覚は理解しがたいことです

 法隆寺の百済観音
 法隆寺弥勒観音1   法隆寺弥勒観音2
*百済観音は、魅力的なことはわかるが、
 謂れは明快でないことが分かった
*だから魅惑の仏像なのでしょう!
*次回は自分で申し込みをして行きたいものだ!

関連記事

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/106-f7cf6781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)