しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

京都国立博物館「聖地をたずねて」草創1300年記念 その2

京都国立博物館 その2
「聖地をたずねて」草創1300年記念
西国展2

京都国立博物館の旧館&前庭
西国展1

西国展6
遠くに京都タワーが見える
西国展3
噴水と何か銅像が見える
西国展4
ロダンの考える人でした(上野西洋美術館と同じ)
西国展5

京都国立博物館だより
西国展7

西国展8

西国展9

西国展10

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

京都国立博物館「聖地を訪ねて」 西国札所33ヶ所 その1

京都国立博物館 
西国札所33ヶ所 草創1300年祈念

 聖地を訪ねて 
   西国三十三所の信仰と至宝

  期間:2020年7月23日~9月13日
京博1
日本最古の巡礼路
 西国三十三所の至宝が京博に集結!

京博2
京博会場への道
京博8
 ブログ参照:  https://fudasyo188.blog.fc2.com/blog-category-12.html
京博3

京博5
<みどころ>
 1.西国三十三所の至宝が一堂に
 2.国宝・重要文化財・秘仏も公開
 3.七観音が勢ぞろい

     
京博6
3階の展示場入り口(あちらこちらにポスター掲示)
京博7
西国札所は前に巡りましたので、懐かしく訪れる

西国三十三所は、閻魔大王のお告げを受けた大和の国
長谷寺の開基・修道上人が人々を救う為に定めたと伝わる
33の観音霊場を巡る、日本最古の巡礼路です。
巡礼路の総距離は1000kmに及び和歌山、大阪、兵庫、
京都、奈良、滋賀、岐阜と近畿圏を包括する


 展示会場案内
 第1章: 説かれる観音
 第2章: 地獄のすがた
 第3章: 聖地のはじまり
 第4章: 聖地へのいざない
 第5章: 祈りと信仰のかたち
 第6章: 巡礼の足あと
 第7章: 受け継がれる至宝


展示会のパンフレット
京博案内書1
 *ブログ参照: https://fudasyo188.blog.fc2.com/blog-category-12.html
京博案内書3

京博案内書4
 ブログ参照:https://fudasyo188.blog.fc2.com/blog-category-12.html
京博案内書2
 <七観音>
  1.聖観音:     滋賀・宝厳寺
  2.十一面観音:   京都・醍醐寺
  3.千手観音:    和歌山・粉河寺
  4.如意輪観音:   兵庫・円教寺
  5.馬頭観音:    京都・松尾寺
  6.准胝観音:    京都・醍醐寺
  7.不空羂索観音: 京都国立博物館


西国巡礼を経験しているのでその場所の諸々の
思い出が浮かび、感激しました


 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

京都国立近代美術館「京のくらしー二十四節気を愉しむ」

京都国立近代美術館
京のくらし ~二十四節気を愉しむ~
 期間:令和2年7月23日~9月22日
 京都市左京区岡崎園勝寺町(岡崎公園内)
24節季6
オリンピック開催を目指しての特別展示会でしたが
残念ながら延期となったが、展示会はそのまま挙行されました
開催されていれば外人が多かったことでしょう
コロナ騒ぎで観客は少ないです
24節季1
会場マップ
24節季会場案内
会場内のコーナーは
初夏、仲夏、晩夏、初秋、中秋、晩秋
初冬、仲冬、正月、晩冬、初春、仲春、晩春
 


北沢英月作 祇園会
24節季3
吹田草牧作  醍醐寺泉庭
24節季4
会場内の写真撮影は一部を除いて全て大丈夫でした
24節季5

入館者入口のパンフコーナ
24節季7
階段上が展示会場です
24節季8

24節季2

展示会用のチラシが4枚あります
24節季チラシ1 24節季チラシ2
日本では、くらしを彩る芸術の中に巧みに自然を取り入れて
きました。特に京都は、古くからくらしと自然、芸術が親密な
関係を築いてきた街として、今も多くの人々を魅了しています。

24節季チラシ3 24節季チラシ4
季節の移ろいを把握する目安として、日本では二十四節気とした
いう季節の区分が持ち入れられてきました。
本展では、この二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく
自然現象や草花、生き物、祭りや行事などを、当館コレクション
から精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介します。

24節季チラシ5 24節季チラシ6
本展を一巡することで、一年を通してのくらしと自然そして芸術の
豊かなかかわりを体験し、自然・社会環境が激変する現代の生活
改めて考えるきっかけとなれば幸いです。(パンフレット抜粋)

24節季チラシ7 24節季チラシ8

二十四節気
・初夏・・・・・ 立夏、小満
・仲夏・・・・・ 芒種(BOSHU)、夏至
・晩夏・・・・・ 小暑、大暑
・初秋・・・・・ 立秋、処暑
・仲秋・・・・・ 白露、秋分
・晩秋・・・・・ 寒露、霜降(SOKO)
・初冬・・・・・ 立冬、小雪(SHOSETSU)
・仲冬・・・・・ 大雪、冬至、正月
・晩冬・・・・・ 小寒、大寒
・初春・・・・・ 立春、雨水(USUI)
・仲春・・・・・ 啓蟄、春分
・晩春・・・・・ 清明、穀雨(KOKUU)



岡崎公園の中のポリス前にあった地図
24節季9
平安神宮の鳥居
平安神宮1
平安神宮の山門
平安神宮2





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

桂離宮 その6

桂離宮 その6
桂離宮・庭園1
新御殿・中書院・古書院
桂離宮・庭園2 桂離宮・庭園3
古書院前の月見台
桂離宮・庭園4 桂離宮・庭園6
古書院への玄関(御輿寄(おこしよせ))
書院の玄関であり、前庭は杉苔で覆われている。
中門から切り石を敷き詰めた延段が御輿寄に向けて
延びているが、今までの苑路には見られない切り石の
堅さで構成されている
更に石段を4段上がると一枚石の大きな沓脱がある
6人の沓(くつ)を並べられることから「六つの沓脱」という
<パンフレットから抜粋>
桂離宮・庭園12
書院の屋根下の菊の御紋
桂離宮・庭園5
月波楼
桂離宮・庭園11
簡単な食事用意処
桂離宮・庭園10
月波楼の左右の窓
 桂離宮・庭園8 桂離宮・庭園7
月波楼からみた松琴亭
桂離宮・庭園9
桂離宮の庭園の景色はこれで終了
ガイドの案内と聞きながら巡りますがちょうど1時間超
かかります
名ガイドさんでしたので、判りやすく楽しかったです
皆さんも機会ありましたら是非お出かけください

出口の塀&垣根
桂離宮・庭園14

桂離宮・庭園15

桂離宮・庭園16
待合所のあった京都観光絵地図
桂離宮・庭園13

桂離宮の案内拝見いただきありがとうございます

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

桂離宮 その5

桂離宮 その5

賞花亭
桂離宮の庭園1
賞花亭の前からみた池
桂離宮の庭園2

桂離宮の庭園3
桂川へ船で行けるように橋が丸くなっている
桂離宮の庭園6
園林堂
桂離宮の庭園13

桂離宮の庭園12 桂離宮の庭園11
園林堂の柱は当然菊の紋
桂離宮の庭園4
園林堂前の灯籠
桂離宮の庭園7
笑意軒
桂離宮の庭園5
取っ手が何に見えますか?
桂離宮の庭園14

桂離宮の庭園8 桂離宮の庭園9
これも何に見えますか? 遊び心十分です
桂離宮の庭園10
窓を通しての一服の絵画
桂離宮の庭園15

桂離宮の庭園16
どこから見ても三角形の灯籠
桂離宮の庭園17

桂離宮の庭園19
灯籠についていた蝉の抜け殻
桂離宮の庭園18

桂離宮は見ごたえがあります!
いよいよクライマックスかな

続きを読む

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

桂離宮 その4

桂離宮 その4

松琴亭全貌
桂離宮庭園10

松琴亭(茶室)の刀掛け
桂離宮庭園4
茶室の簡単な火を使う場所
桂離宮庭園2
奥に茶室
桂離宮庭園1
加賀の和紙等
桂離宮庭園7
松琴亭から天の橋立を望む
桂離宮庭園5
松琴亭から対岸の賞花亭望む
桂離宮庭園6
足元の苔
桂離宮庭園8
賞花亭へ向かう石橋から
桂離宮庭園9
松琴亭から遠く賞花亭と園林堂を望む
桂離宮庭園3

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

桂離宮 その3

桂離宮 その3
桂離宮にわ1
手前の石畳みは洲浜です。奥の石橋あたりは天の橋立です
桂離宮にわ2
天の橋立
桂離宮にわ3
洲浜と天の橋立
桂離宮にわ4
松琴亭へ向かいます
桂離宮にわ5
手前の灯籠をUP
桂離宮にわ6
天の橋立と池越しの背景
桂離宮にわ7
松琴亭へ渡る石橋
桂離宮にわ8
石橋の真ん中で撮る、背景写真
桂離宮にわ9
石橋からのアングルを変えて撮る
桂離宮にわ10

まだまだ続きます



桂離宮 その2

桂離宮 その2
桂離宮庭1
入館者入口から庭園に入るが松の木がふさいでいる
桂離宮庭2
昔の正門へ歩く
桂離宮庭7
ちらりと庭園が見える
桂離宮庭3
桂川から集めた川石が敷き詰められている
桂離宮庭4
昔の表門と御幸門
桂離宮庭5
表門と御幸門は幅を違えて奥行きを出している
桂離宮庭6
外腰掛へ向かいます
桂離宮庭8
南国の木々を植えることにより高級感をだす
桂離宮庭9
太陽の日差しを浴び苔が赤枯れしている
桂離宮庭10

桂離宮庭11
遠くに松琴亭が見える
桂離宮庭12

庭園回遊が始まります


テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

桂離宮 その1

桂離宮 その1
桂離宮1
桂離宮2
桂離宮は、後陽成天皇の弟、八条宮初代智仁(ともひと)親王により
宮家の別荘として創建されたものである(案内文抜粋)
庭園案内略図
庭園の一回りはたっぷり1時間掛かります
案内を聞きながら廻りますが見ごたえがあります
桂離宮3
桂離宮の総面積は付属地も含め約6万9千㎡あまりである
中央には複雑に入り組む汀線を持つ池があり、大小五つの
中島、土橋、板橋、石橋を渡し、書院や茶室に寄せて船着き
を構え、灯籠や手水水を要所に配した回遊式庭園と数寄屋風
の純日本風建築物で構成されている(案内文抜粋)

表門と御幸門、外腰掛、州浜
桂離宮6

松琴亭、賞花亭
桂離宮7

園林堂、笑意軒、書院全体(表紙)
桂離宮5

月見台、月波楼、御輿寄
桂離宮4

桂離宮駐車場
桂離宮8
駐車場前からのは入り口
桂離宮9
入口まで歩きます
桂離宮10
この時期です。消毒を
桂離宮11
消毒をします
桂離宮12
入口の苔橋
桂離宮13

桂離宮14
中がくりぬかれた古木!でも元気です
桂離宮15
年代を感じます
桂離宮16
入口正面前の景色
桂離宮17
検温、許可書の確認
桂離宮18
やっと、入場券がもらえる入口です
桂離宮19
入場までの厳しさとコロナ問題イヤハヤです
庭園は見ごたえがあります。 次回に!






テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行