しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

おとなの社会科の講座「拝島線前史と拝島線となってから」

第45回公開講座
西武鉄道拝島線開業50周年を記念して


「拝島線前史と拝島線となってから」
講師: 東大和交通史研究の会
      佐藤 賢三 氏

日程: 10月19日 第3金曜日
時間: 午後2時~4時
場所: 上北台公民館

拝島線前史と拝島線となってから
拝島線前史は西武鉄道の変遷が良く判る資料が
沢山あります
お時間を見つけて是非参加ください

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

1万年前の美の鼓動「縄文」

1万年前の美の鼓動 「縄文」
縄文写真1
縄文時代の土器を改めて見直した展示会でした
縄文写真3

縄文写真2
展覧会は終わりましたが、インパクトのある展示でした
縄文写真4
来館者も非常に多く、会場内は混雑していました
縄文写真5
写真を撮ってよい作品
縄文写真6

縄文写真7

縄文写真8 縄文写真9
東京オリンピックのトーチに使用したいデザインとか?
縄文写真10
縄文のパンフレット案内
縄文パンフレット案内1

縄文パンフレット案内2

縄文パンフレット案内3

縄文パンフレット案内4

縄文パンフレット案内5日

平成館前の池で餌を洗っているカラス
縄文写真11




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ミケランジェロと理想の身体

ミケランジェロと理想の身体

場所: 国立西洋美術館(上野公園)
期間: 6月19日~9月24日

ミケランジェロ写真1
空前絶後! 世界に約40点しか現存しないミケランジェロの
大理石彫刻から、傑作2点が初来日!
  パンフレットから出典

上野国立西洋美術館
ミケランジェロ写真2
玄関内案内
ミケランジェロ写真3
ラオコーンの作品
ミケランジェロ写真4

ミケランジェロ写真5
今回は写真撮影がOKでした
ミケランジェロ写真7

ミケランジェロ写真6

ミケランジェロ写真8
パンフレットの案内
パンフレット1

パンフレット2

パンフレット3

パンフレット4
ミケランジェロは彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を
残したが、ミケランジェロ自身は自らを「彫刻家」と呼んだ。

(パンフレット案内から出典)
24日までですので、お早めに!
私が鑑賞した時は、管内は意外と空いていましたので
ゆっくり鑑賞することが出来ました。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

未・来・生倶楽部が始まりました

未・来・生倶楽部

講座写真2

今回の講座内容
未来生倶楽部講座内容

第1回講座「健康のための歌と表情筋トレーニング」

講師の常岡治恵先生
講座写真1
ラップの芯を使用しての体操
講座写真30分
今回は、ラップの芯を使用しての前身体操です
使い方により、全身マッサージですね!
表情筋を活発にするため、唄を歌いながら、表情筋を
緩めて、更に強化していきます
講座レジメ
ここ2年間、毎年お願いしていますが、皆さんに好評です



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

おとなの社会科公開講座「多摩で一番古い結社「衆楽会」と多摩地域の結社活動」

おとなの社会科 第44回公開講座
内野杢左エ門

多摩で一番古い結社「衆楽会」と多摩地域の結社活動
講師: 町田自由民権資料館学芸員
      松崎 稔 先生
日程: 9月21日 第3金曜日
時間: 午後2時~4時
場所: 上北台公民館


・多摩地域で一番最初(明治11年1月)が東大和市にできた
 自由民権運動の結社「衆楽会」だと知っていましたか!


・明治維新から150年を迎え、改めて見直ししてみましょう!

・多摩地域で自由民権運動が活発なのは何故なのか?
多摩で一番古い「衆楽会」と多摩地域の結社

全国あちらこちらで、明治維新150年記念行事が行われています
東大和市でも9月~10月は、あちらこちらで諸々のイベントが行われています
市報や公民館だよりに注意して各講座へ参加してみてください

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

「わらべうた」を知っていますか!?童謡ではありません!

第1回 「わらべうたから始まる音楽」

講師: 砂田 さと子先生
日程: 8月28日 火曜日
場所: 新堀会館

わらべ歌講座4

シニアクラスで学ぶ!楽しむ!の講座が始まりました
玄関前案内

第1回は「わらべうたから始まる音楽」
講師の砂田先生
わらべ歌講座3
「かよちゃん」「なあに」は「レドレ」の音階で歌われ、私たちの母語の抑揚
そのままです。無意識に歌える自然のメドレー、これがわらべうたです

昔から子供たちに伝承されてきた歌の中に脈打つ民族的なものを遊びながら
感じていきましょう。
遊びながら拍やリズムを感じ、互いの声を聞き合いながら聴感を育てていきます。
遊びを通して人間同士の結びつきを強め、仲間意識を育て、良い集団を育てて
いきます。
 1.となえ言葉
 2.わらべうたあそび
 3.リズム感、拍感を育てるために、遊んだ歌を歌いながら
   ・体のあちこちを拍たたき
   ・手でリズムたたき(心の中で歌う)
   ・合図で歌を心の中にしまったり、声に出したり
   ・拍とリズムのカノン(4拍遅れてついてきて)
 4.歌いましょう
わらべ歌講座2

わらべ歌講座1

わらべうたの資料
わらべ歌1
わらべ歌2
わらべ歌3
わらべ歌4
受講生の皆さん、童心に帰り楽しく歌い、踊り、リズム感を感じていました
でも、身体のあちらこちらを動かしたので、帰ったら筋肉痛になった人も
いたのではないでしょうか!
体を動かし、歌うのはかなりきつい動作ですね!


テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術