しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

都響・プレミアムコンサート(武蔵村山さくらホール)

都響・プレミアムコンサート

場所: 武蔵村山さくらホール
演奏曲
1.古関裕而: オリンピック・マーチ(1964年)
2.ロッシーニ: 歌劇「ウィリアム・テル」序曲
3.メンデルスゾーン: 序曲「フィンガールの洞窟」op.26
4.モーツァルト: 交響曲第39番変ホ長調K.543


オケの開幕前の準備
東京交響楽団5
歌劇「ウィリアム・テル」序曲の練習でした。
開演30分前から一生懸命練習しているので
珍しいなと思いましたら、メーンの演奏者でした

東京交響楽団6
良い客席が当たり、人の頭に邪魔されず、最高の演奏を
楽しみました。
指揮の梅田さんは、得意の楽曲だったのかな?
楽団員、客席共引き込まれる演奏会でした。久しぶり!


武蔵村山市・さくらホール公演プログラム
東京交響楽団1

演奏曲
東京交響楽団2

指揮者・ 梅田俊明  司会: 朝岡 聡 
東京交響楽団3
司会の朝岡アナウンサーのいつもの軽妙な語り口は最高!

次回の公演予定
東京交響楽団4

東大和市での公演予定
日程: 11月17日 土曜日
場所: ハミングホール


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

八丈島観光の思い出6

八丈島観光の思い出6

リゾートホテルの部屋から見た日の出
八丈島風景1
相変わらず風は強いです。身体に応えますね!
大坂トンネル
大坂トンネル2
夕日の絶景ポイントです。
季節により落ちる場所が違います

大坂トンネル1 大坂トンネル3

大坂トンネル4 大坂トンネル5
昼食のお蕎麦屋さん 「千両」
八丈島風景3
ガイドブックに掲載されていて、お蕎麦に天婦羅(明日葉)が
美味しい。又かき氷が美味しいと書かれていましたので注文。

かき氷は写真の倍の量!一個頼み、家内と半分ずつわける。
頭や鼻に強烈な痛さは全然なく、素直に小豆の甘さと氷の
美味しさを感じ旨いと思いました。
皆さん機会ありました是非食べてみてください。

小豆かき氷
八丈島風景2
八丈島で最初で最後の路線バスを見る
八丈島風景5
裏見の滝
八丈島風景4
滝の裏側が抜けられます
八丈島風景6

八丈島風景7
奈古の鼻海岸
八丈島風景8
断層や地層が鮮明に見えます
地熱発電所
八丈島風景9
地熱博物館の館内説明があり、自由に見学
地熱の凄まじさを実感する
1993年3月から運転している。日本で唯一離島にある
地熱発電所です。(出力:3300KW)
島内の暮らしを支えています

八丈島風景10
汐間海岸
八丈島風景11
上から下まで、坂を降りて海岸端まで行けます
降りきると、無料の温泉があります。地元の人が入浴。
八丈島風景12

八丈島風景13
八丈島灯台
八丈島風景14
今は、無人の灯台です。横には職員の社宅が
あります。全国の灯台は好きで色々廻りました。

大越鼻灯台
大越鼻灯台
八丈島は2ヶ所の灯台となります
豊臣の家臣「宇喜多秀家と豪姫」
宇喜多秀家&豪姫
豊臣秀吉の五大老の一人、宇喜多秀家。
関ヶ原の戦いに敗れ、八丈島へ流された
宇喜多一族に島の人々は温かく接し続けた。
妻の豪姫とは離れ離れになってしまうものの、
秀家が築いた岡山城築城400年の節目の年
(平成9年)に、秀家と豪姫の像がこの地に作ら
れ、二人は再会する。(案内パンフから)


*まだまだ魅力が多くありますが、八丈島の
 思い出は今回で終了します



テーマ:離島の旅 - ジャンル:旅行

八丈島観光の思い出5 「黄八丈」

八丈島観光の思い出5
 「黄八丈」

八丈島で一番古い織り機(明治22年導入)
八丈島63

八丈島64
訪れた時に、山本社長が在宅で実際に機織り機を
操作してくださいました 130年前の織り機です

現在使えるのは、社長のみです。貴重な経験です!
黄八丈工芸館・織り機展示場
八丈島65
態々織るのを見せてくれました。製作中!
八丈島60
足元を見てください!右足一本で操作してます
八丈島58
石の重りにご注意
八丈島57
快く写真撮影を了解くださいました
八丈島55
石の重りです。かなりの重さでした
八丈島56
現在あちらこちらで使用されている織り機
八丈島59

八丈島54
昭和17年・企業許可書(東京府です)
八丈島61
そのあと、黄八丈の話、八丈島の歴史、流人の話等々を
1時間半ぐらいお話をお聞きしました。
山本社長は、静岡大学でも毎年学生に講義したり
全国へ出かけ講演活動をしております。貴重な時間でした。

八丈島62
丈尺・曲尺(かねじゃく)・鯨尺(くじらしゃく)の話!
私達が子供の頃は当たり前に使ってましたが、
今はセンチメートルの世界になりました


懐かしくもあり、夢のような時間を過ごしました

テーマ:離島の旅 - ジャンル:旅行

八丈島観光の思い出4

八丈島観光の思い出4

 八丈島は絶えず風が吹いています。結構強い風です
年間で風のない日は7日間ぐらいとのお話でした

昔訪ねた青森県の竜飛岬を思い出しました
竜飛はもっと風が強かったかな!


ふれあい牧場(八丈富士の中腹)
ふれあい牧場7
牛はのんびり休んでいますが、ちゃんと風除けを考えています
ふれあい牧場1

見晴台から八丈富士を望む
ふれあい牧場4

ふれあい牧場3 ふれあい牧場2

ふれあい牧場11 ふれあい牧場12

ふれあい牧場10 ふれあい牧場14

ホテルや街中で、牧場のジャージ牛から取れた牛乳、ヨーグルト、
プリンが売ってますが、良いお値段です。新鮮ですが・・・

ふれあい牧場6 ふれあい牧場8
八丈富士を望む
ふれあい牧場13
見晴台を望む
ふれあい牧場7

ふれあい牧場起点に八丈富士を巡る一周道路があります
レンタカーを借りて巡るのは最高です





テーマ:離島の旅 - ジャンル:旅行

八丈島観光の思い出3

八丈島観光の思い出3

大里の玉石垣
大里の玉石垣1
流人が近くの海岸から運んで来た、丸い石で作られた石垣
太平洋の波の浸食により、丸く出来るそうです
それを一つずつ運び石垣を作る。大変な作業です。

八丈島は暴風雨等が多く、地盤が壊れるのを防ぐため、石垣を
積み上げ、そこに椿やシイの常緑広葉樹を植え、土砂崩れを
防ぐ。よくも丸い石のみ見つけたものです


*八丈では石垣を「オリ」 その上の地盤を「土手」と言います 

大里の玉石垣
大里の玉石垣3

大里の玉石垣4

大里の玉石垣2

大里の玉石垣6
皆さんご存知の木です 判りますか?
大里の玉石垣5

注意して探さないと、車です~と通り過ぎてしまいます

テーマ:離島の旅 - ジャンル:旅行

八丈島観光の思い出2

八丈島観光の思い出2

八丈島への飛行機
八丈島飛行機4
バスに乗車するためのゲート 508 狭くて小さいです
八丈島飛行機1
バスに乗車
八丈島飛行機2

八丈島飛行機3 八丈島飛行機5 
   羽田空港を端から端まで乗車する感覚
八丈島飛行機7 八丈島飛行機6
トラック上に載っているタラップ
八丈島飛行機8
京浜工業地帯
八丈島飛行機9
八丈島が見えてきましたのアナウンスがある
八丈島飛行機10

八丈島飛行機11 八丈島飛行機12
   島に近づいているがなかなか近づかない
八丈島飛行機13 八丈島飛行機14
         手前に見えるのは八丈小島(現在無人島)
八丈富士を観たら即着陸
八丈島飛行機15
到着の飛行機
八丈島飛行機16
アオウミガメのお出迎え(荷物受取口)
八丈島17
八丈島空港
八丈島18

八丈島19
滑走路・中心
八丈島22
右端の景色
八丈島20
左橋の景色
八丈島21

飛行時間は、
  往きは1時間弱、帰りは30分ぐらい早いでしょう


次回は、島の案内を




テーマ:離島の旅 - ジャンル:旅行

東大和市のゆるキャラ「ウマベー」

東大和市のゆるキャラ「ウマベー」
ウマベー3
市内のあちらこちらに出没します
当然、イベントがあれば駆けつけてくれます。
予約すればその場所へ出没してくれます


後ろ姿
ウマベー2
子供たちは大喜びで抱き着きます
係員が、写真撮影の為、一人一人になるよう誘導します
ご両親が一生懸命可愛い子供たちを写します

ウマベー1

私の所属しています「観光ガイドの会」の名刺デザイン
ウマベー4

ご注意
ウマベーのロゴ使用は、市役所・産業振興課の許可を取ってください

テーマ:東京多摩地区 - ジャンル:地域情報

知人の個展鑑賞

知人の個展鑑賞
澤田さん個展3

澤田さん個展1
知人の澤田さんがイギリスへ出かけて描いた絵画の数々!
久米川駅から近くのギャラリーを借りて開催しました
澤田さん個展5
入口の案内
澤田さん個展6
私はイギリスへ行ったことがないのでイメージが沸きません
澤田さん個展7
       赤矢印の場所です
澤田さん個展4

澤田さん個展2
地名と景色が一致しませんので解説を
澤田さん個展10
澤田さん個展9

澤田さん個展12
澤田さん個展11

澤田さん個展13
澤田さん個展14

澤田さん個展16
澤田さん個展15

澤田さん個展8
澤田さん個展17
絵画の遠近法と線の細かさ(几帳面さ)に注目

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

第41回公開講座「里正日誌の里を訪ねる」

第41回公開講座「里正日誌の里を訪ねる」

講師 古文書を読む会
     砂田 さと子先生

集合 奈良橋市民センター ロビー
時間 午後1時30分~
  *イヤホンガイドを使用しますが、自宅のイヤホンでも使用可能

里正日誌実踏

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術