しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

国立博物館・本館 「特別展」

国立博物館・本館 「特別展」
本館の1階と2階で特別展をやっていました
このGWで終了するのもあり、今回2階のみを鑑賞する
特別展
観賞内容
1.国宝展
   ・十二天像 (風天)
2.禅と水墨画
   ・四季山水図屏風 伝周文筆
3.屏風と襖絵
   ・大原御幸図屏風 長谷川久蔵筆
4.浮世絵と衣装
   ・山姥と金太郎・盃 喜多川歌麿筆

国宝指定の舟木本「洛中洛外図屏風」のシネマがありました
が、昨年見てましたので、今回は割愛する
チラシを追記に

続きを読む

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

国立西洋美術館「カラヴァッジョ展」

日伊国交樹立150周年記念
ルネサンスを超えた男 「カラヴァッジョ展」
写真
カラヴァッジョ世界の体感
「風俗」・「五感」・「光」・「斬首」などのテーマごとに構成。
カラヴァッジョの傑作に加え、ラ・トゥールなど
彼の画法に影響を受けた継承者たち(カラヴァジェスキ)
の作品をあわせた51点を展示し、カラヴァッジョ芸術の
魅力にせまります。
(美術館案内文より)
ポスター1

ポスター2

世界初公開 「法悦のマグダラのマリア」
ポスター3
長いこと行方不明とされていた作品が、2014年に発見されました
「法悦のマクダラのマリア」は、カラヴァッジョが殺人を犯してローマを
逃亡し、近郊の町で身を隠していた1606年の夏に描かれたものです
4年後の1610年、彼がイタリアのポルト・エルコレで不慮の死を遂げ
た時に持っていた「1枚のマグダラのマリアの絵」が本作であると考え
られています。科学調査を受け、カラヴァッジョ研究の世界的権威で
あるミーナ・グレゴリー氏が本作を真筆と認定し、世界で初めて公開
されることとなりました。(チラシ抜粋)

日本初公開の絵画等
ポスター4
日本初公開の作品が多く、楽しめます
とにかく「光と影」を表現してあり、どの作品にも吸い寄せられる
迫力でした。38歳で没しましたが、長生きした作品を見たかった

場所地図(上野公園内・世界遺産登録運動している建物です)
地図






テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術