しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

特別ご開帳 「拝島・大日堂」「東村山・正福寺」

毎年秋になると、東京都は一斉に国宝や重要文化財の開放を行います
昨年は、東大和市の豊鹿島神社の本殿を訪ねました
年1回のこの日だけの特別ご開帳日であるため貴重な体験をしました

午前10時から説明のある拝島・大日堂と午後は東村山・正福寺を
訪れました。 拝島の大日堂は仏像が東京都指定有形文化財です
東村山は建造物が国宝です。
 仏像三体が収まっている大日堂前で10時からの説明会
 大日堂説明
 拝島・大日堂
 大日堂
 大日堂・大日如来像(写真禁止の為)
 大日如来像
 大日堂・阿弥陀如来像(写真禁止の為)
 阿弥陀如来像
 大日堂・釈迦如来像(写真禁止の為)
 釈迦如来像
 薬師堂
 薬師堂
*大日堂の案内
 寺記によると天暦6年(952年)の創建言われています。その後天正元年
 (1573年)滝山城主北条氏照の家臣石川土佐の守の一族が再建し、
 同時に大日八坊と言われる8ケ寺を建立と新編武蔵風土記にあります
 当時の大日堂は現在の石段の下にあり、享保17年(1732年)に現在の
 地に移転再建する。お堂の間口は14.7m奥行13.7mあります


 国宝正福寺千体地蔵堂の説明とお参り行列
 ・都内で唯一の木造建造物の国宝です
 正福寺・地蔵堂
 浦安の舞(民族舞踊です 小学生3人・中学生1人)
 浦安の舞

*正福寺の縁起は「続きを読む」へ

続きを読む

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報