しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

芋窪囃子 (東大和市 豊鹿島神社)

郷土芸能シリーズ 第4回は・・・・・
「芋窪囃子」です
会長の岩品さんから囃子の由来と歴史、会員の早坂さんから
会の年間活動、演目、鳴り物の説明で始まりました
パワーポイントと配布資料の素晴らしさ&詳細には感嘆です
  岩品会長と説明者の早坂さん
   左は岩品会長、右は説明者の早坂さん
  芋窪囃子の皆さん
   芋窪囃子の皆さん
会長からは、芋窪囃子は重松流祭囃子を継承する
創設した「古谷重松」の話、近隣での活動の話、
1950年に殿ケ谷囃子連の伝承を受けて設立され、途中衰退
平成5年再開。現在成人会員は30名が登録しています
  芋窪囃子の説明内容
説明者の早坂さんからは、お正月元旦午前0時豊鹿島神社の
太鼓と勇壮なかがり火の合図が芋窪囃子のスタートです
囃子の屋台から蜘蛛の糸が投げられ、演奏が始まり、白衣装の
天狐の踊りから・・・との話。動画の説明は倫場感が最高でした
パワーポイントの説明と併行して動画を挿入しての説明があり
勉強させられた内容でした(今回説明で終わるのは勿体無い)
続きを読む