しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

清水囃子 (東大和市 清水神社)

郷土芸能シリーズ 第3回は・・・・・
「清水囃子」です
東大和市指定文化財で唯一「技芸」指定を昭和49年9月に
受けています。途中中断することなく、引き継がれた囃子です
保存会は「清水やし」、囃子の会は「清水やし連」と
区別されていて、これからも伝統が引き継がれて行くこと
でしょう
   清水ばやし・参加者全員
     清水はやし連の皆さん

保存会の田口会長からは、清水神社の起源の説明がある
 現在の村山貯水池の中にあり、氷川神社(御朱印状もらう)
 でしたが、貯水池工事に伴い、現在の地に移転する
 移転時は、氷川神社と熊野神社が合祀した故、移転先の地名
 から、清水神社(大正8年)と名称変更した
はやし連の野澤会長からは、囃子の起源、伝承、鳴り物、面、
曲目、演目の種類と順序、踊り方のしぐさ・道具の説明がある
資料も、細やかに記載され受講生も理解できたことでしょう

囃子の演目は、9種類で30分以上の熱演でした。大人から
小学校の子供さんの演目は大変楽しめました。 感謝!!
演目のスタートは、お目出度い「三番叟」から始まる
   三番叟 
    三番叟(最初は榊を持つ、その後は扇子と鈴) 続きを読む