しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

狭山ばやし (東大和市 狭山神社)

郷土芸能シリーズ  第2回は・・・・・
「狭山ばやし」です
狭山ばやし出演者
  出演者のみなさん 右端は会長

前会長の関田さんから歴史、中断、再開、そして現在に至る
経過が詳しく、面白く砕いてお話をいただきました
発足は、文久2年(1862年)、お囃子に使う‘山車‘も
同じ年代とか・・・
夜這いから始まり、‘バカ面‘から‘ばやし‘へと
進展したそうです

文久2年には、神奈川県の「生麦事件」や京都伏見の「寺田屋
事件」、坂本龍馬の土佐藩脱藩した時代。
その何年か前は黒船来航ですね

狭山ばやしは、笛が主体となり、太鼓、中太鼓、小太鼓の
鳴り物があり、にんば(仁羽)、はやしが演目だそうです
 ・にんば・・・おか目面等の柔らかい踊り
 ・はやし・・・獅子面、狐面の踊り
 狭山・獅子と笛太鼓小太鼓
  太鼓、中太鼓、小太鼓、笛(会長)、獅子
続きを読む