しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

補聴器の話 (おとなの社会科・第1回講座)

おとなの社会科がいよいよ始まりました
初回の講座は「補聴器の話」 講師は尾上 正嗣氏

*講師の講義内容を抜粋
「補聴器は、・・・・・途中省略・・・・積極的な社会参加や
生活の質(QOL)の向上をもたらす大切な医療機器です・・・
・・途中省略・・・解説します」 の概要からスタート! 
  尾上講師と補聴器の話
   尾上講師と熱心に聴く参加者
年齢による聴力低下、聞き間違いしやすい言葉、耳の構造
聞こえの仕組み、難聴の擬似体験、低下の問題点へと進み
補聴器の構造・種類・最新の機能等々の説明がありました
「耳かけ形」が現在は主流となり、90%以上占めるとか・・・
カラフルな色とデジタル化は時流だなと思いました
     補聴器の話・レジメ
       <講義レジメ>
今日の講義を聴き、将来もし補聴器に頼る場合は、
最初に、「耳鼻咽喉科の医者」に診察、指導を受け
「認定補聴器技能者」のいるお店を探して買うのが、
ベターだと思いました。何故なら、購入した後の、自分の
耳に合致する補聴器調整が出来るかが1番重要な事だと理解。

値段の高い商品でなく、安くても自分に合った商品と調整者です。
将来への大いなる参考になりました
しかし、補聴器を売るお店は全国で6000店舗あるが
認定補聴器技能者のいるお店は1割とか! これには?
これからの高齢化社会の対応は大丈夫なのかな?
パワーポイントでの解説は分り易く、役に立ちました

おとなの社会科の案内が東大和市のホームページに掲載!
一度、訪問して見てください
東大和市のホームページ ⇒  公民館主催講座(クリックを)

おとなの社会科ブログ → おとなの社会科(クリックを)

清水囃子 (東大和市 清水神社)

郷土芸能シリーズ 第3回は・・・・・
「清水囃子」です
東大和市指定文化財で唯一「技芸」指定を昭和49年9月に
受けています。途中中断することなく、引き継がれた囃子です
保存会は「清水やし」、囃子の会は「清水やし連」と
区別されていて、これからも伝統が引き継がれて行くこと
でしょう
   清水ばやし・参加者全員
     清水はやし連の皆さん

保存会の田口会長からは、清水神社の起源の説明がある
 現在の村山貯水池の中にあり、氷川神社(御朱印状もらう)
 でしたが、貯水池工事に伴い、現在の地に移転する
 移転時は、氷川神社と熊野神社が合祀した故、移転先の地名
 から、清水神社(大正8年)と名称変更した
はやし連の野澤会長からは、囃子の起源、伝承、鳴り物、面、
曲目、演目の種類と順序、踊り方のしぐさ・道具の説明がある
資料も、細やかに記載され受講生も理解できたことでしょう

囃子の演目は、9種類で30分以上の熱演でした。大人から
小学校の子供さんの演目は大変楽しめました。 感謝!!
演目のスタートは、お目出度い「三番叟」から始まる
   三番叟 
    三番叟(最初は榊を持つ、その後は扇子と鈴) 続きを読む

外国人と市民との交流会(主催:蔵敷公民館)

えっ!? ウッソ~!?蔵敷公民館が主催!
と、最初に思った印象です
市内には、3つのボランティア団体がありますが
ボランティア団体の企画でなく、「公民館」ですよ!

3団体の所属場所は、中央図書館(歴史が古い)
南街公民館、桜が丘市民センターです
それが、ボランティア団体が所属すらしていない
蔵敷公民館」が企画し、主催ですよ!
そこに驚き、面白い企画だと思いました

開催場所は、集まりやすい「中央公民館ホール」です
たくさんの外国人の皆さんが来場し、楽しい一日に
なって欲しいと、大いに期待いたします
    (画像をクリックすると拡大)
  外国人と市民との交流会・表面
       3月22日 日曜日
        午後1時~4時
       中央公民館ホール 
  外人と市民との交流展・うらめん2
*チラシを読むと、おやつの交換券やイベントがあり、
  集客へのアプローチも考えたな、と感じました  

公民館サークル「おとなの社会科」が発足スタート

おとなの社会科」の名称で、上北台公民館を活動場所
とする公民館自主サークルです
社会科は、社会でなく、幅広い目的の広義の社会科です
昨年、上北台公民館主催の「大人の社会科」講座を受けた
仲間が公民館の呼びかけでサークルを作りました
会員間の連絡は、すべて「フリーメール」です
利用すれば、個々のメールより、はるかに便利です!
流石は現代文明の利器だ! と変に感心する私です

会員のH氏がブログを作ってくれました
センス良し、明るいイメージのブログです
*クリックして拝見ください ⇒ おとなの社会科

講座や見学会は、”聞きたいもの”や”見学したいもの”
だけを自由に参加し、自己啓発を深める会です
当然、会員限定ではなく、誰でも自由に参加できます
興味のある、講座・見学会がありましたらご参加ください
      (画像をクリックすると大きくなります)
      補聴器の話チラシ
        第1回講座 「補聴器の話」
         2月27日 金曜日
        上北台公民館301号室
         午前10時~12時
 *東大和市民ネット・A氏作成のご祝儀チラシです
   インパクトの強い、センス抜群のチラシですね~
   (私は、非常に気にいっております)

狭山ばやし (東大和市 狭山神社)

郷土芸能シリーズ  第2回は・・・・・
「狭山ばやし」です
狭山ばやし出演者
  出演者のみなさん 右端は会長

前会長の関田さんから歴史、中断、再開、そして現在に至る
経過が詳しく、面白く砕いてお話をいただきました
発足は、文久2年(1862年)、お囃子に使う‘山車‘も
同じ年代とか・・・
夜這いから始まり、‘バカ面‘から‘ばやし‘へと
進展したそうです

文久2年には、神奈川県の「生麦事件」や京都伏見の「寺田屋
事件」、坂本龍馬の土佐藩脱藩した時代。
その何年か前は黒船来航ですね

狭山ばやしは、笛が主体となり、太鼓、中太鼓、小太鼓の
鳴り物があり、にんば(仁羽)、はやしが演目だそうです
 ・にんば・・・おか目面等の柔らかい踊り
 ・はやし・・・獅子面、狐面の踊り
 狭山・獅子と笛太鼓小太鼓
  太鼓、中太鼓、小太鼓、笛(会長)、獅子
続きを読む

高木の獅子舞 (東大和市 高木神社)

市民大学「東大和市グリーンカレッジ」

東大和市の公民館主催講座が開催されています。
年1回開催で、5つの公民館(中央・狭山・南街・蔵敷・上北台)を巡り
各公民館講座は5回あり、全部の講座を受講するのが前提です
各講座出席8割で、終了証書を市長からもらえます(意外と厳しいでしょう)
でも、無料で自分の見識を高めることが出来、仲間も出来、楽しいですよ
ちなみに、私は聴講生です。受講生ではありません

さて、今年最後の講座は上北台公民館です
郷土芸能シリーズとなります 第1回は・・・
高木の獅子舞」です
 高木の獅子舞 会長説明
   会長の宮鍋氏の説明(写真は受講生S氏提供)
外部での公開は今回が最初で最後だそうです(貴重なこと)
懇切丁寧に歴史、衣装、DVDで説明を受け勉強になりました
狐の先導で獅子が3匹(雄2、雌1)入場し、仲良く踊ったり
雄獅子のけんか、狐の道化と五穀豊穣・子孫繁栄の踊りです
狐がいて、ストリーがある獅子舞は全国でも珍しいとのことです

 高木の獅子舞 衣装1
手前・・・左右に花笠を被り、ささらを持つ「ささらこ」 (写真は同上)
     中央の狐面は左手に軍配、右手に子孫繁栄を持つ
後方・・・左・・・雄の剣獅子(金色の剣角・白と黒の御幣)
     中央・・雌(宝珠の角・赤と白の御幣)
      右・・雄獅子(金と黒のねじれ角・青と白の御幣)           
続きを読む

都民寄席

都民寄席表紙

都民寄席を久しぶりに見ました
今回は小平駅前の「ルネこだいら」で開催されました

2月2日が初演で、最終が3月24日の全7回公演です
早いもので、今回の公演で45回を迎えます

 ルネこだいらの出し物
落語・題目

出演者 と 演題は
・鈴々舎  馬るこ     「東北の宿」
・瀧  川  鯉 昇     「時そば」
・長  井  好 弘      解説
・江戸家  子 猫     物まね
・柳  亭  市 馬     「花見の仇討」 

*「江戸家 子猫」さん、初代猫八さんの孫とは驚きでした!
  猫八さん一家の三代を見たことになり、自分が
  年齢を重ねたことには、改めて感慨深いものを
  感じました
*落語協会の会長「柳亭 市馬」師匠は大熱演でした!
  岡晴夫や三波春夫の歌を歌いだすと天下一品と
  漏れ聞いておりますが、その声量で、テンポよく
  聞かされて皆さん大満足だったと思います

高速道からの富士山

富士山シリーズの3回目は高速道で・・・・・
 海から・・・、空から・・・と、今回は高速道です

式年遷宮後の伊勢神宮参拝と京都紅葉を
見に行ったとき、東名道を走りました
途中御殿場で初めて通行する新東名道へ・・・

東名道から見るのと、新東名道から見る富士山
明らかにイメージが違うのには驚きました

東名道の御殿場手前から見た富士山です
東名道の富士山1
   見慣れた富士山のイメージです
東名道の富士山2


新東名道から見た富士山です
新東名道の富士山3
   荒々しい富士山に見えませんか
新東名道の富士山4

同じ、静岡県でありながら、こんなにイメージが違うとは
初めて気が付きました

色々な場所から撮影した富士山を載せたいと思います

飛行機からの富士山

空の上からの富士山
当然、飛行機からの撮影となりますが・・・・・

何回かチャレンジしましたが、なかなかチャンスが
巡ってきませんでした
天候が悪く、下界は一面の雲世界、夜の便であったり
座席が富士山側でなかったり・・・・諦めの連続

長崎へ姪っ子の結婚式で朝一番の飛行機に乗り
やっとチャンスが巡ってきました

  乗務員の案内時に窓から撮影した富士山!
飛行機からの富士山1
そして
   飛行機が一番近づいたときに撮影した富士山!
飛行機からの富士山2

空から見る富士山は、なかなか良い景色である