しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

ミケランジェロと理想の身体

ミケランジェロと理想の身体

場所: 国立西洋美術館(上野公園)
期間: 6月19日~9月24日

ミケランジェロ写真1
空前絶後! 世界に約40点しか現存しないミケランジェロの
大理石彫刻から、傑作2点が初来日!
  パンフレットから出典

上野国立西洋美術館
ミケランジェロ写真2
玄関内案内
ミケランジェロ写真3
ラオコーンの作品
ミケランジェロ写真4

ミケランジェロ写真5
今回は写真撮影がOKでした
ミケランジェロ写真7

ミケランジェロ写真6

ミケランジェロ写真8
パンフレットの案内
パンフレット1

パンフレット2

パンフレット3

パンフレット4
ミケランジェロは彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を
残したが、ミケランジェロ自身は自らを「彫刻家」と呼んだ。

(パンフレット案内から出典)
24日までですので、お早めに!
私が鑑賞した時は、管内は意外と空いていましたので
ゆっくり鑑賞することが出来ました。

関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

ありがとうございました

コメントに対する御礼遅くなり申し訳ございません
暫し、旅行をしていまして帰宅しました
丁寧なるコメント感心しながら拝見いたしました
貴殿のブログも拝見いたしました。多岐に渡り丁寧なる
解説、圧倒されましたが、大変参考になりました
感謝と御礼を申し上げます
貴殿のブログの拝見者が益々増えます事祈念致します

  • 2018/09/23(日) 12:08:47 |
  • URL |
  • しんかん船47号の旅 #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
私も『ミケランジェロと理想の身体』を見ましたので、楽しくブログを拝見しました。日本で今まで見ることができなかったミケランジェロの本格的彫刻作品の傑作『ダヴィデ=アポロ』を初めて見ることができて、感激しました。古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品を対比することにより、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの芸術家が考えていた理想の身体美の表現の違いを感ずることができて、ルネサンス美術に対する理解を深めることができました。

私は、ミケランジェロの傑作『ダヴィデ=アポロ』と『若き洗礼者ヨハネ』を初めて生で鑑賞して感じたすばらしさと、成熟期の傑作ミケランジェロの若き日から晩年に至るまでの芸術の変化との過程と、成熟期の記念碑的な傑作・システィーナ礼拝堂の天井画『アダムの創造』を中心とした『創世記』のフレスコ画と『最後の審判』への道程についてレポートしてみました。 ぜひ目一度を通してみていただくようお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/364-6d2882c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad