しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

八丈島観光の思い出6

八丈島観光の思い出6

リゾートホテルの部屋から見た日の出
八丈島風景1
相変わらず風は強いです。身体に応えますね!
大坂トンネル
大坂トンネル2
夕日の絶景ポイントです。
季節により落ちる場所が違います

大坂トンネル1 大坂トンネル3

大坂トンネル4 大坂トンネル5
昼食のお蕎麦屋さん 「千両」
八丈島風景3
ガイドブックに掲載されていて、お蕎麦に天婦羅(明日葉)が
美味しい。又かき氷が美味しいと書かれていましたので注文。

かき氷は写真の倍の量!一個頼み、家内と半分ずつわける。
頭や鼻に強烈な痛さは全然なく、素直に小豆の甘さと氷の
美味しさを感じ旨いと思いました。
皆さん機会ありました是非食べてみてください。

小豆かき氷
八丈島風景2
八丈島で最初で最後の路線バスを見る
八丈島風景5
裏見の滝
八丈島風景4
滝の裏側が抜けられます
八丈島風景6

八丈島風景7
奈古の鼻海岸
八丈島風景8
断層や地層が鮮明に見えます
地熱発電所
八丈島風景9
地熱博物館の館内説明があり、自由に見学
地熱の凄まじさを実感する
1993年3月から運転している。日本で唯一離島にある
地熱発電所です。(出力:3300KW)
島内の暮らしを支えています

八丈島風景10
汐間海岸
八丈島風景11
上から下まで、坂を降りて海岸端まで行けます
降りきると、無料の温泉があります。地元の人が入浴。
八丈島風景12

八丈島風景13
八丈島灯台
八丈島風景14
今は、無人の灯台です。横には職員の社宅が
あります。全国の灯台は好きで色々廻りました。

大越鼻灯台
大越鼻灯台
八丈島は2ヶ所の灯台となります
豊臣の家臣「宇喜多秀家と豪姫」
宇喜多秀家&豪姫
豊臣秀吉の五大老の一人、宇喜多秀家。
関ヶ原の戦いに敗れ、八丈島へ流された
宇喜多一族に島の人々は温かく接し続けた。
妻の豪姫とは離れ離れになってしまうものの、
秀家が築いた岡山城築城400年の節目の年
(平成9年)に、秀家と豪姫の像がこの地に作ら
れ、二人は再会する。(案内パンフから)


*まだまだ魅力が多くありますが、八丈島の
 思い出は今回で終了します



関連記事

テーマ:離島の旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/347-d4252d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad