しんかい船47号の旅

未知の場所へ訪問する旅

天然記念物 「塚崎の大楠」

天然記念物 「塚崎の大楠」
塚崎の大楠5
塚崎の大楠は武雄市を代表する巨樹の一本です
幹周り:  13.6メートル
樹 高:  18メートル
枝張り:  東西 18メートル
       南北 15メートル
推定樹齢: 2,000年

佐賀県下で第三位でした。
残念ながら、昭和38年の落雷に遭い木の上の部分が
9メートル以上失ってしまう


武雄城(塚崎城)にある大楠の案内
塚崎の大楠20
武雄城(塚崎城)の一番上に有ります
案内板の説明
塚崎の大楠のある丘陵は、中世から近世初めに、この地を治めていた
後藤氏が利用した武雄城(別名 塚崎城)の一部です
人工的にたいらにされた「曲輪」や敵の侵入を阻む「竪堀」、「土塁」の
跡が残っています。

見学ルート
塚崎の大楠1

塚崎の大楠2

塚崎の大楠3

塚崎の大楠4
空洞の中から撮影
塚崎の大楠6 塚崎の大楠7
空洞の上に生えている木々(生命力の凄さ)
塚崎の大楠8 塚崎の大楠9
空洞の高さ(人の身長は171cm)
塚崎の大楠18

塚崎の大楠13 塚崎の大楠10
南側の角度から撮影(写真に霊が宿るかな?)
塚崎の大楠14 塚崎の大楠15

塚崎の大楠11

塚崎の大楠16 塚崎の大楠17

塚崎の大楠12


関連記事

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinkaisen.blog.fc2.com/tb.php/306-c00e8316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad